問題は世の中に感動を与えるためにある。香港で生まれた奇跡のような物語。【完全版】




Om Swastyastu 宇宙の子マサです。

 

写真:宇宙の子マサ撮影

アメリカのNGOと研究機関の発表で、

このまま何も対策を取らなければ、

2040年には海に流れ出るゴミの量が今の2.6倍になり、

逆に対策を取れば、

今の半分の量に減らせるとの試算が発表されました。

 

そこで今日は、

世界の海で200t以上の、

ゴミを掃除してきた宇宙の子マサが、

「問題は世の中に感動を与えるためにある」

というお話しを書きますね。

 

 

振り返ると奇跡のような物語の始まり

2016年の7月。

「香港のビーチに「前例のない」量のごみ漂着、中国本土からか」

という見出しのCNNニュースを目にしました。

 

写真:Dougさん提供

写真:Dougさん提供

写真:Dougさん提供

これが実際にニュースになった写真で、

これを知ってすぐ僕は、

抑えきれない衝動に突き動かされるように、

香港へ行くことを決めました。

 

「香港空港」は、

バリ島に向かうトランジットで毎回利用しているので、

もう慣れた場所になっているのですが、

香港に入国したことはそれまで一度もなく、

いざ行くとなると、

どこに何があるのか?

どうやって移動するのか?

ゴミが流れ着いているというビーチはどこなのか?

と冷静に、

どうすればいいか分からないことがたくさん見えてきて、

不安で心がズッシリと重くなり、

出発1週間前くらいから、

夜うなされたりして、眠れなくなって行きました。

 

僕が香港の海の掃除に持っていくと決めていたものは、

この海のゴミをすくう「網」。

 

それに対して、

「一人でやったって何も変わらない」

「そんな小さな網で問題は解決できない。本気じゃない」

「もっと効率的な他の方法がある」

と言われました。

 

でも「一人」でやることが時に、

大きな団体でさえ出来ない物語を、創り出すことがあります。

 

ぜひこの記事をシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

バリ島&沖縄在住。 4歳から始まったUFO体験に人生を導かれ、これまでに内モンゴルの沙漠に木を植えるプロジェクト(50万本)、七つの海の掃除(200t)を行い、それらを通して後世に残るような勇気と希望の物語を作り続ける「Hope Storyteller(希望の語り手)」