【実話】沖縄での2年間の神様修行のお話し。ここから海の掃除は始まった。




宇宙の子マサです。

 

思うことあり、今日は僕の海の掃除のルーツである、

沖縄の神様とのお話しについて書き残そうと思います。

 

 

僕の「海の大掃除」という人生は、

2013年8月、

沖縄本島にあるヤブチ島という、

人が住んでいない無人島で始まりました。

 

ビーチクリーンに興味があった訳でもなく、

ビーチクリーンをやりたかった訳でもなく、

縁あって沖縄に住むことになり、

沖縄戦を学び、強い葛藤や苦しみに捉われ、

同時に、今も沖縄で続いていることに、

やり場のない気持ちを感じる中で、

何か沖縄の人に自分が出来ることをしたい、

亀裂を埋めたい、

そんな想いの自分の、

心の目の前に現れたのが「海の掃除」でした。

 

僕にとっては償いというか、

海が傷つき悲しんでいる人の涙を少しでも拭いたい、

という気持ちの現し方が、「海の掃除」でした。

 

人生で一度もビーチクリーンをやったことがなかったですが、

ご縁があって「ゴミがたくさん漂着している」という、

「神様の島」と噂されるヤブチ島という無人島にて、

海の掃除を始めることになりました。

 

その島には短い橋が架かっていて、

誰でも渡ることができます。

 

8月11日。

真夏の沖縄の炎天下の下、

海の掃除を始めた初日に、

海である方との出会いがありました。

 

その方が、僕にヤブチ島の神々のこと、

ヤブチ島にまつわる神話についてを、

時には夜が更けるまで、海辺で僕に伝承してくれた、

ナガマハさんというウミンチュの方でした。

 

 

ヤブチ島にはジャネーガマという、

霊的な方々の修行の場でもある、

深い洞窟があり、

何も知らずに行けば、ただの鍾乳洞の洞窟なのですが、

そこは人間に修行を与える自然霊の神様方が住まう、

「神様学校」であり、ナガハマさんは自身を、

「神様の用務員」と呼んでいます。

 

毎日、朝から夕方までの、

海の掃除を始めて、

どれくらいが経った頃だったでしょう。

 

ある日、海にやってきたナガハマさんが、

「神様学校の入学試験を受けるか?」

と言って来てくれ、

僕はその試験を受けることになりました。

 

 

それは陽が沈んで暗くなった頃に、

島の奥にある神様の住む洞窟ジャネーガマで行われました。

 

静まり返り、時折、頭上の鍾乳石から、

雫が地面に落ちる音だけが聞こえる、

そのガマの中には、

亀や牛や虎など、

動物の姿をした、数十体の岩肌があり、

その一つ一つが神様という「先生」であり、

その一つ一つの神様の前に座り、心を繋げ、

最後に洞窟の奥にいる「白龍先生」の前に座り、

心を繋げることができたら、

神様学校への「入学許可」となります。

 

真っ暗闇で、自分がどれくらい座っているのか、

時間の感覚も失われ、

日常の意識が沈み、特殊な意識が広がり、

その間、ナガハマさんは音も立てず、

近くのどこかで見守ってくれています。

 

神様学校とは何をする学校か?

それは、

「人の世界で神様の願いの助けとなれるような人間になること」です。

 

 

「入学するのは簡単、でもみんな途中で退学をしていく(辞めていく)」

と、ナガハマさんがつぶやいた言葉に、

僕は違う、と心の中で思い、行動で証明したかった。

 

 

そして神様修行としても始まった、

僕の海の掃除は続いて行きました。

 

 

しかし朝から晩まで、

海と向き合い掃除だけをするという日々は、

簡単なものではなく、

精神的な重さや迷いは日毎に心に積もって行きました。

 

 

海は綺麗になっても、汚れていても、何も言わない。

悲しいと言ってくれるなら、もっと力が湧いてくるのに、

海は何も語らない。

これが何の役に立っているのか、分からなくなっていく。

だから海の現状について進んで学び、

自分のやっている意味(力)を自分に与えていく。

 

続けることが苦しくて、

毎日、何回も何回も、

辞めようと思いながら、

でもここで辞めても自分には何も無いと、

また海へ向かい、

夏が終わり、冬が来て、また夏が来て、冬が来て、、、

 

(ハブのいる未開のジャングルをかき分け、島の奥にある黒龍湖へ向かった黒龍試験。裸の人がナガハマさん)

そして2年間で6000kgの、

海のゴミ掃除の修行と神様試験を終え、

 


海の大掃除は世界を舞台に新たに始まって行きました。

 

 

(沖縄で海の掃除が始まった翌日に現れた、悠々と空を泳ぐ白龍のような雲。後に神様学校の先生の一人が白龍先生だと知る。)

2年間の修行は、本当に辛く厳しかったですが、

ナガハマさんと、ジャネーガマの先生方との、

あの日々が七つの海を超えてゆく、

見えない船を与えてくれました。

 

ぜひこの記事をシェアしてね!

ABOUT US

バリ島&沖縄在住。 4歳から始まったUFO体験に人生を導かれ、これまでに内モンゴルの沙漠に木を植えるプロジェクト(50万本)、七つの海の掃除(200t)を行い、それらを通して後世に残るような勇気と希望の物語を作り続ける「Hope Storyteller(希望の語り手)」